TEL 0294-87-8015

〒319-1411 茨城県日立市川尻町6-44-30






クイズ 正解です。

私達のくらしの中の汚れた水を きれいにするのが浄化槽(じょうかそう)であり、公共下水道です。川や海を汚さないために…。垂れ流しはよくありません。

下水道が整備されていない地域にお住まいならば、合併浄化槽(キッチン・トイレ・風呂の排水の浄化装置)が建物周辺の地下に埋設されているでしょう。
浄化槽イメージ
左のような装置 見たことありますね。
左は一般住宅用の小さな浄化槽です。

「ディスポーザー付マンション」の場合は
さらに大規模な 浄化槽が、建物の下とか、
駐輪場の下 付近などに埋設されています。



確認してみてください。(設置場所が 分からなければ 管理人さんに聞けば 教えてくれますね)


よくある質問 浄化槽は、どのようにして 汚水をキレイにする? 薬品投入?? いいえ。

答えはこちら → 答えは
バクテリアです。元気なバクテリア(微生物)浄化槽内の、水中に生きている「微生物」は、汚れた水をきれいにしています。それらバクテリアは、汚れ(有機物)をエサをバクバク食べながら、水をキレイにし、数をどんどん増やしていきます。

→ 微生物くんが、元気になれるような環境や条件を整えてあげることが、
 浄化槽を 効率良くはたらかせる、ひけつ なのです。


一般的に微生物の反応速度は、温度が10度下がるごとに 1/2倍(半分)になる
 といわれます。
夏に対して 冬場は温度が低く「微生物の働きが 大幅に にぶくなる」

 がってん ガッテン!
→ これで
 クイズの答えが 分かりましたネ。

 浄化槽管理の会社は、温度が下がり始める9月ころから、さまざま機械の調整や 薬品の量を増やすなどして、適正に浄化ができるように、浄化槽管理士を派遣します。
 浄化槽内の水温を 10度以上キープしながら…、手っ取り早いのは、庭の土をバケツに汲んで かき混ぜ、その水を浄化槽に入れるだけで 土中バクテリア が投入できます。
土の中のバクテリア

 生物が腐敗していく時、その生物が持っていたエネルギーを「微生物」が分解する。微生物が元気になれば、水をきれいにする力も強くなる…

自然界の素晴らしい浄化システム。


ところで微生物が働きやすい環境になるために、私達ができること ありますか?
 ※公共下水道を使用している方も、ココは しっかり読んでくださいね。
  下水道処理場への負担を減らすために・・・。
     浄化槽のバクテリアを弱らせる 3つの原因

浄化槽を弱らせないために1
 トイレ便器の掃除に、
微生物に影響するような薬剤
 (強アルカリ洗剤)の使用を控える。
浄化槽を弱らせないために2
 トイレにトイレットペーパー以外の
  たばこ・異物を流さない
油は浄化槽の敵
 天ぷら油・
ベットリ油を
 洗剤と一緒に大量に 流さない




温度が低くなって、バクテリアの動きが鈍くなっているところへ、上記のようなアルカリ洗剤・タバコ・油が大量に流されると バクテリアが弱り、死んでしまいます。クサイ浄化槽
そこに生活雑排水が流れ、浄化槽の浄化能力を超えたとき ギブアップ【浄化槽から 悪臭が漂う】というわけです。8月ではなく、1、2月の真冬 クサ〜イ という事 ありますよ。

ディスポーザ付きマンションにお住いの皆さん、こうした情報を住民の方と共有してください。(毎月の管理費とも 関係しているところだからです)
 【ま と め】

ディスポーザからの排水は有機物

矢印

有機物を食べればバクテリア元気になる。
 元気なバクテリア

power up
実は、公共下水道も 状況は 同じ!


 下水道処理場だけでなく、途中の下水管の中にもバクテリアはたくさん活きています。

 公共の下水道管を老朽化させ、下水道処理場に負荷をかけることを控え、バクテリアが
 元気になるものを流しましょう。





close このウィンドウを閉じる