top of page

テラルディスポーザー|交換レポート

更新日:2023年5月23日

ディスポーザー修理交換ってますか


白くてかっこいいBODY! でも。。。


どこに原因があるか? 2つくらいえられます。


拡大してよーく見てみましょう!


①生ゴミだけではなく、油分を流してしまうとクッションゴム内部が汚れ、不快な匂いの原因に

そのニオイを消そうとして、キッチンハイターをかける。ついやってしまいそうですね

でも、かけすぎは 命取りに! 一般に 皆さん気づいていないようですが、「ゴム」や「金属」の錆びの原因 になっています。

クッションゴムの内側から強力なハイター成分が漏れ出し、金属を確実に腐食させているのです。お客様の使い方に 問題がありそうです。


そして 2つ目の原因は?


②上下2本のステンレスバンドで固定されているクッションゴムという構造上の問題。



 
まとめ

  1. まずは、油分を流さず 生ゴミだけ 投入すること。

  2. ディスポーザー内部を洗浄するときは、塩素系漂白剤ではなく、酸素系漂白剤や重曹を流すこと

  3. 大量の水をシンク内に貯めてから、一気に排水するなどの対策を試す。


クッションゴム内に どうしても汚れが溜まって困る 構造的なことが原因なら、デスポジャパンにご相談ください。




デスポジャパン 公式LINEアカウント スマホを手で持っている

スマホで 現状のディスポーザーの全体の写真

《配管やスイッチを含》を撮影したら

ラインに添付し お送りください


デスポジャパン LINE友だち追加ボタン

デスポジャパン お問い合わせページへリンク

0294-87-8015


デスポジャパン取り扱いディスポーザーメーカー2機種のご案内

2機種のディスポーザーについて説明する長谷川代表



モダンなホワイト・キッチン
閲覧数:75回0件のコメント

Comments


bottom of page